2020年10月17日土曜日

「古民家ブックカフェ」になるかもしれない空き家の内覧会、を開催します!

 先日のブログ記事でお知らせした、「古民家ブックカフェ」をつくるプロジェクトですが、意外なくらいたくさんの反響がありました。

【参照】もらった家で「古民家ブックカフェ」を作るプロジェクト。一緒にやりませんか?
https://nansatz-kurashi.blogspot.com/2020/10/blog-post.html

「一緒にやってみたい」という人や「とりあえず見てみたい」という人、何人かからご連絡がありました。

そこで、この度、内覧会的なものを開催することといたしました。個別に進めるより、オープンな形でやる方が気軽に参加できる人も多そうですし。

内容は、家の内覧とプロジェクトの説明です。要は「こんなことを考えています」というアイデアの説明ですね。ちょっと内容薄な感じですが、現にそうなんだからしょうがない(笑)

ところで、「古民家ブックカフェ」をつくる、ということで、文字通りDIY的なことを考えた人もいたようです。これは私の説明不足で、DIYでブックカフェを作るのではなくて(一部DIYもするかもしれませんが)、ハード面は工務店さんにリノベーションしていただき、ソフト面の方を一緒に作っていきませんか? という意味でした。

というのは、何しろ立地が大浦ですから、いろいろ工夫しないとお客さんが来ないわけです。建物をリノベーションするのも大変ですけど、この僻地ですとそこを活用していくのはさらに大変だと思います。私としてはここを文化の拠点にしたいという思いはありますけど、ただ本を並べたり音楽をかけたりするだけでは文化の拠点にならないので、「文化的に利用してくれる人」も必要になってきます。

もちろん、「一緒に働きたい!」という人だって営業形態によっては必要かもしれませんし…!

そして、いろんな人の意見やアイデア、ご要望を聞きながら、どんな風にしたら面白い場所にできるか考えたいと思います。

こんなふわっとした感じでもよければ、一緒にやりましょう!

【案内】「古民家ブックカフェ」になるかもしれない空き家の内覧会
日時:11月1日(日)13:30〜15:30
場所:〒897-1201 鹿児島県南さつま市大浦町13647(→Google map
駐車場:久保公民館(→Google map)に駐車してください。公民館〜現地は徒歩4分。なおトイレは公民館のトイレを使って下さい。
内容:建物の内覧+プロジェクトの説明 、コーヒー
申込不要(でもコメント、FBメッセージ等で参加の旨一言もらえると嬉しいです)


※友人の写真家・川田 達也さんがこの家の写真を撮って下さったのでここに掲載します! 

なお川田さんは、入った瞬間、「昔のおばあちゃんちのにおいだ!」と言っていました(笑)








2020年10月11日日曜日

「海の見える美術館で珈琲を飲む会 vol.7」コロナのためシンプルに開催します!

11月15日(日)、今年も「海の見える美術館で珈琲を飲む会」を開催する運びとなりました!

今年は、コロナ禍のため、開催するかどうか、本当に悩みました。というか、ほとんど中止で心づもりしていました。

だって、地域の主立ったイベントは悉く中止です。「砂の祭典」はもちろん、ほとんど地元の人しか来ない「大浦まつり」も中止です。あえて虎の尾を踏む必要もないし。

そんなことで、中止するしかないのか…と思っていた時期に、イベント関係の業界の人に「珈琲を飲む会はやっぱりやらない方がいいですかねー?」と軽く相談してみたんです。

すると、「いや、今はむしろ万全のコロナ対策をした上で、イベントを開催する方がいい雰囲気だよ」と教えてくれました。万全のコロナ対策とは、例えば、入場時の検温、万が一のための連絡先把握等です。

それを聞いて、私は「やっぱり今年は中止するしかないかな」と思いました。なぜって、私は自分自身が一番コロナ対策には「ずっさらしい」(いいかげんな:鹿児島弁)わけです。近所のスーパーに行く時も、しょっちゅうマスクを忘れちゃいます。別にマスクをつけたくないわけではないのですが、農業をしていると人とも会わないし、マスクしなくちゃってのを忘れるんですよね…。

そんな私が、自分が主催するイベントの時だけ「みなさん、コロナ対策は万全にしましょう!」とか言っても、「お前がゆーな!」っていう感じになってしまいます。とてもじゃないけど私の口からはコロナ対策は言えない…!! 身から出たさびです。

かといって、コロナ対策をせずにイベントを開催するというわけにもいきません。飲食店のみなさんや、ちゃんとしたイベント主催者のみなさんが、いろいろ工夫して万全の体制を整え、なんとか前に進もうとしている中ですからねー。もちろん実際に感染者が来てしまうという可能性もゼロではないわけですし。

なので、まあ、今年は「珈琲を飲む会」は中止だな、と思っていました。

なんですが、立て続けに3人くらいから「今年は珈琲を飲む会はいつやるの?」「あの会はコロナで中止しなくていいでしょ、野外イベントだし密でもないし」「ぜひやって!」との声がありました。

最初は私も「いやー、難しいですね〜」とか言っていたのですが、続けて3人からそういう話があると、だんだんその気になってきます。その気になるなという方が無理ですよね(笑)

いろいろ考えた挙げ句、音楽とかアートみたいな人が集まる催しをしないで、シンプルに珈琲と風景だけを愉しむ会にしたら、特別な(検温するとかの)コロナ対策は行わなくても感染を拡大するリスクは少ない——という考えで開催することにしました。

なので、今年の「珈琲を飲む会」は、音楽ライブもありませんし、アート作品の展示もありません(常設展はいつも通り観覧可能)。また、出店も最小限で今のところ古本屋さんのみです(今後の調整次第でピザ屋さんは来るかも)。

でも考えてみれば、「珈琲を飲む会」は「絶景を前にして珈琲を飲んだら美味しい」というのが根幹の会なので、珈琲と風景だけあれば成立するんですよね。これはこれで、ゆったりと愉しめるんじゃないかなと思っています。

また、その結果として、例年は参加費500円を徴収していましたが、今年は参加無料としました(珈琲は別途購入してくださいね)。

そういうわけで、今年は「海の見える美術館で珈琲を飲むだけの会」です。極めてシンプルです。でもそれが逆にいいっていう人もいそうです(笑)

それでは11月15日(日)は、笠沙美術館でお会いしましょう。

 【情報】
海の見える美術館で珈琲を飲む会 vol.7 ←リンク先Facebookイベントページ
日時:2020年11月15日(日)10:00〜16:30
場所:笠沙美術館(南さつま市笠沙町赤生木8666-1)
参加料:無料

 

 



2020年10月9日金曜日

もらった家で「古民家ブックカフェ」を作るプロジェクト。一緒にやりませんか?

藪から棒な話なんですが……、数年前、「家」をタダでもらいました。

親はもちろん、親戚からでもありません。それまで全然知らなかった人からです。

知らない人から家をタダでもらう!? ウソー!! 

というのが普通の感覚だと思います。ありえないですよね(笑)

でも本当なんです。事の発端は、耕作放棄地になっていた畑(というか藪)を借りようとしたことでした。持ち主(当然こちらにいない。大阪在住)とはなんとか連絡が取れたのですが、いろいろあって、「親類縁者、だーれも大浦にいないから、畑も家も、全部君がもらってくれ」という話になりました。

ただ畑を借りたかっただけの話なのに、家をもらうなんて……(動顚)。

「家をタダでもらえるなんてラッキーじゃん!」と都会の方は思うかもしれませんが、この家で育った持ち主ですらいらないと思う家ですからね。最近よく言われる「負動産」(不動産のもじり)というやつで、管理の手間や取り壊しにかかる費用などを考えると損するわけです。

ちなみに、もらった家の第一印象は、「森に包まれてる」(笑)

家自体は道路に面しているんですが、敷地内に大きな樹がたくさん生えていて、まるで森の中に建っている家のようです。

その森の向こうに、家庭菜園のような広さの畑もついています(ただし、今は雑木が生えている)。森の向こうに家庭菜園があるっていうのが面白い。

あと、屋根や外壁が水色に塗装されていて、この色合いが個性的でステキです。それはそうなんですが、だからといって自分で住むわけでもない家をもらってどうしよう??

そんなわけで、私も3年ほど放置していました。

しかし、家内から「あの家はどうするの?」「なんとかしないと」とせっつかれ、二人で中の整理を徐々にはじめました。中は、まだ家財道具がまだワンサカ入っていたし、しかも隙間から野生動物が入り、押し入れに巣を作っていました。当然、家の中は糞があちこちに。まさにカオス…。その当時があまりにカオスすぎて写真を撮っていなかったのですが、今思えばあの時の家の様子をちゃんと記録しておけばよかったですねー。

そして1年以上かけて、今日、ようやく家の中をスッキリさせることができました! 

整理をする前は、空き家バンクに登録して誰かに貸すか、移住者を募ろうかと思っていました。

でも間取り的に家族には狭いし、何より普通の暮らしを送るには大改修が必要になってきそうです。もっと状態のいい空き家が周りにはたくさんあるのに、わざわざお金をかけてこの家に住みたい人がいるだろうか? これを人に貸すのはどうかなぁー、という気持ちになってきたわけです。

そしてこの家の間取りや広さを見てみると、小規模店舗をするのにちょうどいいサイズなんです。そして、最初はあまりにカオスすぎてとても使えないと思っていたのですが、だんだん整理が進んでみると、意外と痛みも少なくて(あくまでも「意外と」!)、古い家っぽいジメっとした感じもありません。

いっそ、自分たちで使った方が面白いんじゃない? だんだんそんな気持ちになってきました。

ここ3年くらい月イチでやっているイベント「石蔵ブックカフェ」、これの発展型として、この家を「古民家ブックカフェ」に改修したら……

まあ、「古民家」っていっても、中途半端な古民家で、黒光りする立派な梁があるわけでもなく、良くも悪くもほのかに昭和の「高度経済成長」を感じさせるつくりです。

例えば、このタイルの流しなんかも、なかなかいいですよね〜!

「高度経済成長」というと、都会でのそれは「文化住宅」(簡単に言うと和洋折衷アパートです)とかをイメージすると思いますが、田舎での「高度経済成長」はちょっと違います。

例えば、このカマドとか。

「高度経済成長より前だよね(笑)」と思うかも知れませんけど、実はこういう形のカマドが普及したのも田舎ではけっこう最近の話で、それまでのカマドはまさに土でつくった効率の悪い(特に煙がひどい)ものでした。

「生活改善運動」といって、それまでの遅れた農村の暮らしを近代化させようという運動が戦前から戦後にかけて行われるのですが、その成果がこのカマドであり、さきほどのタイル張りの流しです。

こうしたものは今から見ると随分古いもののように感じますが、実はせいぜい60〜70年前に普及したものなんですよ。

すみません。つい歴史を語って話が逸れてしまいました(笑)

要するに、 まあ、なかなか味のある家で、ただ汚いだけの家ではない。このまま壊しちゃうのはもったいない。

であれば、「南薩の田舎暮らし」がずっとイベント的にやってきた「カフェ」を主軸にして、本を並べた「ブックカフェ」にしたら面白い!

…ような気がするんですが、大浦という土地を知っている方は分かる通り、そんなに簡単にお客さんが来るような場所ではないですし、我々も既に農業や食品加工に忙しく、ちゃんとできるのか大変心許ない。もちろん改修費用もかなりかかる。

そんなわけで、この半年くらい、改修してブックカフェにすべきなのか、そんなことはしない方がいいのか、夫婦二人で悩んできました…。というか、今でもまだ悩んでいます。

でも、不要品の処分や、家の掃除もかなり進んで、なんとなくイメージも湧くようになってきたので、一応、工務店さんに改修の見積もりを出してもらったり、頴娃に行って「頴娃おこそ会」がやっている空き家再生案件を見させていただいたりしてみました。

そんなこんなで、まだ「よし、やるぞ!!」って感じではないのですが、なんとなく動きだした……雰囲気。

こういう状態なんですが、古民家ブックカフェのオープンに向けて、関わってみたいかもーっていう人がいれば、ありがたいなあって思っています。どうしても、夫婦二人だけだと力不足な部分があるので、何人かでワイワイやりながらだったら、進むかも…?(笑)

あ、もちろん、「そんな物件があるんなら私が店をやります。貸して下さい!」という方がいたら大歓迎です。年間3万円で貸します。そっちの方が手間が省ける(笑)

しかし、近所の「下村広海商店(通称:馬場店)」も閉店し、「中村商店(通称:木戸店)」も閉店。今年は町唯一の病院「吉見医院」も廃業しました。大浦町の空洞化はどんどん進んでいます。今住んでいる人がなんとかしないと、なくなってしまうかもしれない町に私たちはいる。

誰か、一緒にやりたい人いませんか?

※もし「やりたい」って人がいたら、コメント欄、お店の問合せフォームにてご連絡ください。

2020年9月14日月曜日

台風10号被害

アボカド
台風10号、すごい台風でした…。

しかし、報道等でさんざん脅されていた(?)ので、かつてないほどの対策をしていました。雨戸がない窓には板やコンパネを打ち付け、飛びそうなものは全て片付け、万全の体制で臨んだ台風でした。今回はみなさんがそんな感じでした。

実際の台風は事前の予想ほど常識外れの勢力では接近しなかったですし(それでも十分強い勢力!)、万全の対策を行っていたおかげで、家や倉庫、加工所などの家屋にはほとんど全く被害がありませんでした! よかった〜!! 大浦町全体を見ても、それほど大きな被害はなさそうでした。一安心。

もしかしたら潰滅するんじゃないか…? と思っていた植え付け直後のかぼちゃについても、防風のためパスライトという不織布でしっかり養生していたので、意外と被害はありませんでした。

でも、やはり無被害というわけにはいきません…。特に被害が大きかったのは果樹関係です。

まず、アボカドの一番大きな樹が完全に倒伏してしまいました。この樹、数年前の台風で一度倒れながら、持ち直して今では一番大きくなっていたやつでした。

アボカド自体、なかなかうまくいってなくて、これは数少ないちゃんと成長している樹だったので悲しいです。この樹はもう起こすことができないほど大きいし、根っこから浮いているのでダメかもしれません。

ブンタン
次は、ブンタンです。

ブンタンは、数年前植えたものが大きく成長し、今季が初の本格的収穫を迎えようとしていたところです。

でも結構倒れてしまい、倒れていないやつも、半分くらい実が落ちてしまいました…。もちろん倒伏防止のため、太い杭を打って固定していたのですが…。

実は、ブンタンは柑橘の中では防風林になるくらい風に強い方です。でも今ちょうど倒れやすい成長段階(葉っぱはたくさん繁っているのに幹はまだ細い時期)だったのがよくなかったです。

タンカンに倒れてきた木

タンカンは、一本も倒れなかったのですが、横の山の方からドングリの大木が倒れてきて、ちょうどそこにあるタンカンの樹を直撃。

こんな大きな樹が倒れるとはビックリです。どうやら、このドングリの木、中が腐ってウロになっていたみたいです。

しかしタンカンは、ドングリの木による打撃よりも、塩害の方が深刻です。

タンカンは、2018年の台風24号でも大きな塩害を受けたのですが、どうやらタンカンって塩に弱いみたいですね。今年は、2018年の被害からようやく回復して新芽がたくさんでてきたところだったのに、後戻りです。

それにしても、今回の台風は直接海からの風ではなかったし、雨もそれなりに降ったのに、塩害がけっこうあってビックリです。それだけで相当強い勢力だったことが分かります。

ところで、数年前の台風でかなりたくさん倒伏してしまったのが不知火(デコポン)でした。

不知火って、あまり直根(真下に延びる根っこ)がないので風に弱いんです。

というわけで、今回も大きな不知火の樹が倒れてしまいました。

数年前倒れた時は、ユンボ(パワーショベル)を借りて起こしたり、ジャッキで起こしたりしたんですけど、結局そうやって起こしても根っこが浮いちゃってると回復するのは難しいというのが結論です(ずっとグラグラし続けて、次の台風でまた倒れてしまう)。

なので、今回倒れた樹は無理に起こさず、チェンソーで大胆に剪定して、ダメなら植え直すつもりでやってみたいと思います。

最後に、いちばん被害が酷かったやつです。

ベルガモット。

ベルガモットとは、「アールグレイ・ティー」を作るのに使う香酸柑橘です。これも数年前に植えて、今年が初の本格的収穫を迎えるところです。

これももちろん杭を打って固定していましたが、半分くらい倒れてしまいました。正直、ここまで倒れるとは思いもしませんでした。

倒れて初めて気づきましたけど、この木って、柑橘にしてはとっても折れやすいです。「そんな風に折れるか〜普通?」というような倒れ方をしていたのがあります。

実も、1/3くらい落ちてしまいました。でも逆に言えば2/3は残っているので、この残った分を大切に売っていきたいと思います。初収穫なのでどのように販売すればよいのか思案中です。ちょっと特殊な用途の柑橘なので、ちゃんと必要としている人に届けられるよう工夫がいるかもしれません。

10月くらいには販売開始したいと思うので、もうしばらくお待ちください。台風では大きな被害を受けてしまいましたが、気落ちせずやっていきたいと思います。

2020年9月2日水曜日

台風シーズン突入

台風がやってきますね。それも2つ連続して。

特に10号の方は、強力な勢力に発達し、鹿児島県を直撃するコースの予報です。いろんな作物への打撃が心配です。

今の時期は、私は「秋かぼちゃ」を栽培しております。これも台風でダメになるかも…。でも、実は台風が来る前からうまくいっておりません。

種の植え付けまでは、結構順調でした。例年苦労する溝掘りも、雨が少なかったこともあって余裕を持って出来ましたし、播種時期も割合早い方でした。よかった!

しかし! そこからは総崩れです。まず、播いた種から芽が出ない! 今年は田んぼ跡と畑の2ヶ所でかぼちゃを作っておりますが、畑での発芽率は5%もありませんでした。

雨が降らず高温が続いたため、種が煮えて死んでしまったようです。雨を待ってから植えればよかったかもしれません。もちろん、芽が出ないのを確認してから追加でセルトレイに播種して苗を作っていますが、なぜかそれもあまり発芽しておりません。

田んぼの方は一部を除いて90%程度発芽しましたが、補植用につくったセルトレイの方はやはり発芽率が低くて20%程度でした。セルトレイを外に出していたのがいけなかったみたいです。いろいろあるなあ〜。

秋かぼちゃの場合、最初がコケると後から挽回するのは難しいため、すでにやる気が低下しております。そんな中での台風…。もちろん台風対策はバッチリしたいと思いますが、直撃するとなればかなりの被害は避けられないですよね。

それに、大型の台風が直撃すると、かぼちゃよりも果樹への被害が大きくなります。もうかぼちゃは潰滅してもしょうがないですけど、樹への被害があると経営的に大変困ります。

ともかく、せめて台風のコースが少しでも逸れるように祈るだけですね。みなさんにも被害がありませんように!

2020年8月19日水曜日

お米はかなりの不作でしたので、いきなり在庫僅少です。

だいたい、予約分のお米の配送が終わりました。たくさんご予約いただき、ありがとうございました。

それにしても、今年のお米は収量がとっても少なかった。

私は、ほとんど肥料を入れないので、元来普通の田んぼの7〜8割しか収穫がないのですが、今年は6割くらいしかなかった…。過去最低レベルの不作でした。

原因は、やはり日照不足かと思います。6〜7月の2ヶ月間、平年なら350時間くらいある日照時間が、今年は長梅雨のせいで250時間くらいしかなかったようです。マイナス100時間! こうなると、もちろん稲の生育はかなり制限されます。

それで、6月後半には、あまりに生育が悪いので、柄にもなく(!?)追肥をした田んぼがあります。でも、後から考えると、この時期に追肥しても増収効果はあまりなく、それどころかお米の味を落とす逆効果の方が大きかったような気がしますね。失敗!

ちなみに、今年は当初から「増収を狙うぞ!」と決心していたんです。まあ、肥料を多くするとかそういうのではないので、増収って言っても高が知れているのですが。でも草取りを中心として(←というかほとんどそればっかり)、管理には手間をかけていました。

それでも過去最低レベルの不作…。農業っていうのは、思うようにいかないものですねー。まあ、それが当たり前のことなので、別段それで気落ちしているわけではありません(もちろん残念だけど)。

むしろ草取りを頑張ったお陰で、美しい田んぼをつくることができたな、と思っています。やっぱり、田んぼが美しいとお米も美味しいです。自己満足の世界です(笑)

しかし、実際収量がかなり少なかったせいで、お米は予約分だけでほぼ売り切れてしまいました。最後にほんのちょっと残った分があるので、白米5kg入りのみですけど販売いたします。本当に残り僅かですがよろしくお願いいたします。

↓ご注文はこちらから
【発送中】無農薬・無化学肥料のお米(5kg)

2020年8月7日金曜日

送料の改定をしました

申し訳ありませんが、送料の改定をして、一部地域では値上げになりました。

通販は、送料が本当に大きくて、うちの場合、販売しているものの単価があまり高くない(割には、大きなダンボールを使う)こともあって、実は売上総額の35%ほどを占めております。

しかも、私自身もそうですが、Amazonで「送料無料」に慣れている消費者にとっては、1,000円近い送料を負担するのはかなりハードルが高い!

ということで、実際は1,000円以上の送料がかかる地域でも、徴収する送料はかなり割引していました。

例えば、10kgダンボールで送る場合、
中国地方: 935円(実費) ← 650円(ご負担いただいている額)
東北地方:1,485円(実費) ← 1,000円(ご負担いただいている額)
というように、大体の地域で200円〜400円くらいの割引を行っていました。

北海道に至っては、実費が1,950円のところ、1,200円しか徴収していなかったので725円もの割引になっていました。でも北海道にはいいお客さんが多くて(北海道は柑橘類がないですからね!)、たくさんご購入いただけますし、まあいいかな! なんて思っていました。

しかし、やはり消費税が10%に増税されたのもありますし(内税表示なのに値上げしてなかった)、 毎月の配送料金の請求書の金額があまりに大きくて、時には売上の40%近い月があったため、「うーん、これは値上げしないとヤバイ!」となったわけです。

また、今までは、いくつ商品を買っても送料は1箇所分で固定でした。たとえ梱包が2個分になってもですね。「いっぱい買ってくれるんだから、ちょっとくらい割引してもいいか〜」という考えでした(← いいかげん)。

ただ、最近は大量購入してくださるお客様も多くて、その場合、むしろお客様の方から「送料が1つ分じゃ悪いから追加で支払います」とご提案いただくことも多々ありました。

こうなると、むしろ「2個口運賃」の仕組みがない方がお客様にとって不便だし、なにより他のお客様と不公平になってしまいます。そこで、20kgより多くご購入の場合は2個口運賃(運賃2倍)とすることといたしました。

というわけで、新料金表は以下の通りです(内税)。

地域 改訂前(参考) 改訂後
九州 550円 700円
中国 650円 850円
四国 750円 950円
関西 750円 750円
東海・北陸・関東 900円 900円
信越 900円 1150円
東北 1000円 1300円
北海道 1200円 1500円
沖縄 1200円 1200円

要するに、150円〜300円の値上げですね。ただ、関西と関東周辺については、料金を据え置いています。この地域は、元々実費と近いんです。

300円の値上げをしている東北と北海道についても、先ほどの実費を見ていただければ分かる通り、これでも結構値引きしておりますので、ご理解いただければ幸甚です。

なお、配送会社は基本的に「佐川急便」ですが、この春より「ヤマト運輸」も併用しております。これはお客様の方で選ぶものではなくて、こちらの方で差配いたしますのでどうぞご理解下さい(送料が安い方で送っているのではなく、配送の条件によって変えています)。

これまでの説明で分かる通り、今回の送料値上げについては、配送会社の運賃値上げによるものではありません。簡単に言えば、これまでどんぶり勘定でやっていたのを、より実費に近づける改訂を行ったものです…。

そんなわけで、こちらの都合によってお客様の負担が増えることになり申し訳ありません。ですが、送料に見合った、いいものを作っていけるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。